スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遇ったこと 逢った人 2/25 ~ 3/3

2/25(月) ~ 3/3(日)

2/25(月)
――――
冒険者ギルド カールさん レムリアさん カイさん イロナさん コタローさん(→ゴーレム)
イロナさん、という踊り子さんと。コタローさんっていう忍者さんにはじめて出逢う。レムリアさんとイロナさんが集中的に狙われてて、ひどいと思った。
カイさんも焼かれていたけれど、なんとなくカイさんって不思議と安定感がある…?土や木の属性の人、だからかな…?
――――
NM【ぱてぃずきっちん1】 カールさん ミルフィーユさん ドロシーさん イロナさん アイスさん

パティさんの新メニューアイデア募集。
ゴートチーズを使った、あたらしいメニューを考えてほしいみたい。
みんなの料理、とっても美味しかった!
アイスを使ったものは、冷蔵用の器具とかが必要みたいで…
そういう導具が高いからって難しそうだったけど、アイスさんに協力してもらえば、お店でも実現できるかな?
みんなお料理上手で…
ドロシーさんは片付けも手際が良くて。さすがだと思った。

パティさんのお店、少し手伝いに行けるといいな。
お料理はあんまり手伝えなくても、呼び込みとか…?


『現在サラダガレットのトッピングに使っている程度』ってPLレベルで見落としてたよ…!レシピを調べてるうちにすっぽ抜けたというか……
パティさん動揺させてごめんなさい(土下座)

――――
貸本屋さん ジグさん リナカさん ブライベル(シューティア)さん エイルさん

ジグさんに、先日何があったのか、話を聞きに行った。
聞けば、猫になってお菓子を配るお仕事をしていたのだけれど、サイクウさんのせいで(?)戻って来ても猫のままだったらしい。
ちょっと見てみたかったな、猫のジグさん。
…ジグさんの話を聞いているはずだったのに、なぜか途中で『お前は溜め込んで処理できるタイプじゃねー。吐け』って言われる。
『なんかあったんだろ』、って、どうして分かるんだろう…。
それでも、そんなに… 気にしたり、…くるしかったり、そんなつもり、なかったのに。

でも、梅さんたちとの戦いで、みんなが倒れていくのは、本当にこわかった…。
たぶん、少し。…あの村の光景と、重ねたのかもしれない。
ミカゲさんとは、もう少し、怒らせないように仲良くできたらいいな。
影さんとも、仲良くなりたいな?ミカゲさん、自分のことみたいに言ってたけれど、影さんも怒ってたんだろうか……。


ジグさんの言葉に思わず泣いてしまったら、お客さんが来て。
そういえばお店だったよね…、ごめんなさい…。
来たのはリナカさんで。
ドロシーさんに名前だけ聞いていたけれど、お会いできて嬉しかった!
リナカさんはざっくりしていて、面白くて、カッコイイし、かわいい。すごい。
ドロシーさんがリナカさんのことを少し誇らしげに語った顔が、少し分かるような気がした。

そのあとブライベルさんとエイルさんもお店に来て。
ジグさんから、『魔力喰い』の話を聞いた。
けっこう手強い相手みたいだけど… 一戦交えているのなら、その時の記録を見てみたい。対策は、それから… かな?
エイルさんが、翼はあれど空は飛べないのだと知った。
…なんだか、また失礼なことを言ってしまったかな…。
いろいろ、うまく伝えられなくてもどかしい。
もう少し、語彙や… 経験が、あるといいのかな…。
…そういえば、ジグさんとエイルさんに変な視線を向けられた。
『考える余地のあることは考えろ』… って、…何を考えればいいんだろう…?

ブライベルさんが、駆け引きが好きって言ってた。
ちょっと分かる気がした。ギリギリのレースとか、ちょっと見るの楽しいもんね。
あと、『細かい事は気にしない』とも。
…わたしはいろいろと気にしすぎ、なのかな…。

ジグさんが、ほぼ両利きだと知った。
右眼を失って… 努力、したんだろうな、と思う。
ジグさんはすごいなあ…。
………

直ぐ出かけるって言ってたのに。
魔法系統でいう、いわゆる『解毒』… の、練習をしたくて。
毒物をお借りしようとしたら、ジグさんが薬物を自分に打つとかいう暴挙。
どうなってるの……。ていうか何考えてるの…。
たまたま上手くいった…?、からよかったものの…
ドキドキした…、こわかった。
未だにドキドキが、収まらないよ…

………

(真夜中に追記されている)
やっぱり気になる。ていうかホントに上手く行ってなかったらどうしよう。
ジグさん大丈夫かな…
お店に見に行くことにする。
――――

基本的に、ジグさんと一緒に居たり歩いたりする時は、ジグさんの左側に居るんじゃないのかな。隣を見れば、目が合うように。
そしてマッハでジグさんの言葉が頭に入ってない気がする。キャパシティェ…
そういえば、数年前から複視が出てしまって、物がキッパリハッキリ二つに見えます。近くならそこそこ平気だけれども。
だいたい原因不明のストレス性で、冠婚葬祭のあたりでなる人が多く…大抵半年くらいで治る人が多いと言われつつ、なおらなくて眼鏡でなんとか矯正中。
でも、片目なら平気。
…とかなんとか全然関係ないことを思いつつ、しかし片目は片目で、確かに視野狭いですね。試してみてよくわかる…。



2/26(火)
――――
貸し本屋さん ジグさん

…大丈夫そうで、よかった。
魔力喰いの話を少し、聞く。
そのあと、ジグさんが眠そうで… なんだか少し、素直に見えた。
でも…


『なんかお前は被るんだ』
『お前の断片のたったひとかけらだろう、俺の見るお前が、お前を心配してるんじゃねえのかもしれねえ』
『じゃあ頼っていいぜ……。俺は助けてえんだ……。助けたかったんだ……。』

……
…なんだか、踏み込んではいけない所に触れてしまったような、そんな、感覚を急に覚えた。
やばい、近づきすぎた…? と、一瞬…思った。

どうしてだろう。そんな思考回路、よくわからない…。

カタリさんに言われた言葉が、ふと過ぎる…
『あなたは、どうやら他者の内面に踏み入ろうとする傾向が…』

こういうこと、なのかな…
…そんなつもりは、なかった、なんて…いうのは嘘、なのかな…。
でも、ただ…

ジグさんの言葉は、誰に向けられたものなんだろう?
わたしに『誰』を、見て居るんだろう……
ジグさんが、助けたいのは… 助けたかったのは、『誰』なんだろう…?

わたしが触れてはいけない、ような気もする、なんて急に思ったり…
自分の考えてることがよくわからないけれど、でも
でも、ただ、知りたい。
何か、抑えているものがあるのなら。悲しい想いが、あるのなら。
それを、どうにかしたい… な…。

…どうしたらいいのか、わからない
なんて、少し…。考えて、みなきゃ…。

『考える余地のあることは考えろ』

(早朝。貸本屋で疲れて眠ってしまったジグさんに寄り添って一晩過ごしてから記したもの)
(戸締まりできなくて朝まで残った。ジグさんには気づかれずに帰れた模様)
――――
NM【超古代文明の番人】 ジグさん ヴェントさん アルアさん カールさん レムリアさん

――――

2/27(水)
――――
とある依頼の帰り路(NM【超古代文明の番人】の帰り路) ジグさん

………

考えも纏まらないうちに。
全部ぶつけてしまった気がする…

おこらせた…し、傷つけた、のかな…。
もう少し… すこしずつ、柔らかく聞いて行くことだって、できたのに。
閉ざさせてしまったような… そんな、感じ。

売り言葉に買い言葉で…
名前を呼ぶな、とも言ってしまった。



たぶん、すごく。気遣って、くれていたのに…
手を繋いでくれたのも、わたしのためだ、きっと…
なのに、なにかが信用できなくて…なにかが募って…
消耗していたとはいえ配慮も何もなく、そのまま口にした。
今なら… 今の心の状況なら… 何も気にせずに尋ねられると、少し思ったのかもしれない。

なのに、名前を呼ばれた瞬間、何かが我慢できなくなった。
心から拒否したくなって…そのまま、言葉にのせて。
そんなことを言いたいわけではなかったのに。
そんな風に言っちゃいけないって、分かってたのに。
ぐるぐるして、ドキドキして。

『ゼロの面倒は見てやる。ギルドに預けとけ。別に一人でも飼える。』
…なんだか拒絶されたような気がして、苛立った。
思わず、一人で帰ろうとしたのに。
わざわざ、抱き上げて送ってくれて。

…『お前が俺に心配されて苛立つなら、俺に関わるな……』
わたしは。…関わりたいと、思っていたはずで…
もう少し、そばに… ただ、…
なにかわだかまるものを癒したかった、だけなのに。

…これからどうしたら、いいんだろう。
普通の顔して会えるだろうか…
実際会ってみれば意外と大丈夫、かな。
…本当に『おさげ』って呼ばれるんだろうか…

『わたし』を 助けることで、ジグさんは、楽になるだろうか
――――

『電柱』… 身長190over(200はない)の友人が実際に学生時代に呼ばれていたあだ名の一つだそう。ちなみによく頭ぶつけてます。あとお店の人に「背高いねー!」とよく話しかけられるとかいう。なぜか外人さんにも話しかけられるんだとか…「うちの息子もあなたくらいの身長でね」とかなんとか。

ジグさんのトラウマ(?)について、ここでつっこんでみるつもりは毛頭なかったのですけれど…
話が予想外の方へ流れる流れる。

最後のやりとりが小学生レベルのケンカみたいで、楽しかったです(←)
なぜかジグさんとは普通にぎゃあぎゃあ言い合うことがあるような…。

あと確かに、片目瞑って見て見ると、瞑った側に抱いた相手の表情は見えなそうですね。なるほど…

――――
冒険者ギルド アルアさん イロナさん ジグさん ヒメキさん → ゴーレム

みんなの前で、おさげvs電柱、と言い合いをしてしまう…
なんだか、おさげって呼ばれるのも嫌だとかどうしよう…
全然普通にできてない…。

――――
貸本屋さん ジグさん イロナさん シラさん 遠叶 響華さん リークさん

とりあえず名前の件は、『お前』とかでいいよ、というお話…
なんだか、自分の気持ちがよくわからない…。
――――

2/28(木)
冒険者ギルド フェイさん クーさん → リッチ退治
――――
貸本屋さん ジグさん ドロシーさん ミカゲさん イロナさん アイスさん

黒皮饅頭で大パニックの巻。

――――
NM【ドキドキ☆臨死体験ツアー!~ぽろりもあるかもよ!(by葉月さん)】 アルアさん ヒメキさん ジグさん ラウル(ラウルレウム)さん ペロ(プロスペロ)さん

…三途の川を見た…。
みんなの、大事な人。…それぞれ、居るみたいだった。
思わず名前を呼び、足を向けるほどに…
…ジグさんの、お爺さまも。向こう岸に…

――――
貸本屋さん(NM【ドキドキ☆臨死体験ツアー!~ぽろりもあるかもよ!】の後の時系列) ジグさん リナカさん

依頼から戻った後、心配でジグさんの所へ行く。
酔いつぶれ…てはいなかった、けれど 酷く酔ってる。

リナカさんが、言う。
『酒抜いてもらいたい状態なら、最初から飲まないでしょ』
…酔いたい気分、ってどんな、なのかな…
少し一緒にお酒を飲む… けれど、リナカさんは途中で帰宅。


ジグさんの、『右眼』の話…お爺さまの話…
なんて、言ってたっけ、…酔っていてよく、そのあとのことは覚えてない…
……
――――


3/1(金)
冒険者ギルド カタリさん クーさん レムリアさん カイさん カールさん → ゴーレム
――――
貸本屋さん ジグさん

二日酔いで、うごけない…。
ジグさんが、スープを作って、パンも用意してくれた。
あと果物も買ってきてくれる…。優しい…。


『俺の悩みを端的に言うと、他の誰かに奪われるぐらいなら先に俺が奪っちまうか、ってことだ』
……
『俺の気持ちは固まってねえが、しかしお前に傾いていることを認めよう。その上で他の誰かにお前の唇が先に奪われるのは後悔しそうだ。だからその前に俺が奪う』
(※超意訳:好きとは言えねーがキスをさせろ。なんだったらそれ以上も)

…無理矢理は趣味じゃない、というのが救い…?
――――
NM【海底土人遺跡への誘い(by千颯さん)】 アイスさん ジグさん ユーリさん ミカゲさん フィーネさん

――――


3/2(土)
冒険者ギルド リナカさん アルアさん ミカゲさん カイさん レムリアさん → ゴーレム
――――
貸本屋さん ジグさん リークさん

ジグさんが猫になってた……。
リークさんは、人間の姿にもなれたみたい。猫の町の人なんだとか。

ジグさんの食事を用意して(猫だから料理できない…)
ヴァイオリンを貸してもらえないか、だめもとで聞いてみる。
…あっさり承諾される。いいんだろうか… 形見じゃないの…?
――――
NM【技能講習(罠・鍵開け)のお知らせ(byたろさん)】 ジゼルさん

――――
NM【Dreamstory of Adventurers(byちみぃさん)】 シラさん ジグさん アイスさん カタリさん

――――


3/3(日)
――――
貸本屋さん ジグさん

猫になってたジグさんを膝の上にのせて寝ていたら、元に戻られる…。


ジグさんが、保護者みたいだ、と言ったら

『そりゃ辛いな』
『保護者は恋愛対象にならねーだろ』

『俺は弱い。どっちも大切だ。どっちも必ず守る、なんてできねえ。優先順位が必要なんだ。その第一位が今にも変わりそうで自信がなくならないわけがない』


――――
NM【大木の上に潜むモノの話】 デジレさん アルアさん ジグさん

――――
NM【春の空を浮遊するモノの話(by葉月さん)】 ドロシーさん アルアさん リークさん

――――
NM【夕暮の山道に下がるモノの話(by葉月さん)】 カールさん アイスさん コタローさん 

――――
NM【お嬢様のお願い(byはちょさん)】 カロリナさん(NPC) ユルザさん(NPC) カールさん ジグさん ジゼルさん

――――

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) flow* all rights reserved.

くろック

カテゴリ展開メニュー

  • はじめに(1)
  • ミルラ(10)
  • ミルラ 手記(4)
  • ミッション(3)
  • イベント(3)
  • 駄日(6)
  • 未分類(1)
  • お題(1)

ブログでクエスト

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

羽乃

Author*羽乃

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。