スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミルラ 初期設定

背景関係メモ。

長いのでやっぱり折りたたみ。

---出身の町のイメージ

普通の町で、普通に過ごしてきた… と本人は思っている。
貴族制度的なものがある国、ではなく自治を行っている町。
(もしかしたらそーゆー国のなかの町のひとつなのかもしれないけれども)

いまでいう小中高の学校で勉強するようなこと(一般的な読み書き算数、文化や歴史、生物に地理、物理や錬金術などいろいろ)を学べる一般市民向けの学問所のある、平和な町。

役場があって、市場があって、運送屋さんがあって、商店があって、郊外へ行けば田畑があって、農家があって、牛もいて。川が流れ森があり、近くに大層な魔物が棲み着いてるということもなく、犬を連れて猟に出る人がいて。

治安が良くて警備組織がしっかりしているので冒険者が必要になることはまずない(=仕事がない)けれど、彼らにとっては安心して通過できる中継地点や宿泊所、みたいな感じ。なので、人間以外の種族を見慣れていないわけではない。

---家庭

わりあい裕福な方の家庭で育ち、親の意向のままに学問所へ通い勉強をしていた。それが普通だと思っていた。もっと裕福なおうちになると家庭教師を雇うのかもしれないし、家業が決まっている人は小さいうちは一般常識を学びに学問所へ行くけれど、もっと早いうちから家の手伝いをするのかもしれない。

ある程度勉強した後は、町役場で仕事をする予定だったのかも…?(そろそろ就業の時期だったのかもしれない?)。なんで勉強してたのかって、役場ではいろんな人相手にいろいろな処理をしなければならないので、広く浅い知識が必要……、だったのかもしれない。

何もしなくてもご飯は出て来たし、洗濯もしれくれるし、部屋もいつのまにか綺麗になってるしで、家のことはほとんどしたことがない。学問所でもお裁縫や料理の時間はあったけれど、身についていない。家庭科で作ったテディベアは、なんとなくクマよりもネズミに似ていたとかそんな。

---経緯

このまま普通に暮らして行くんだろう、と思っていた。
町の外れで、ある旅人に出逢うまでは。
―――――
その旅人さんは、人の目を見ると、"その人が死ぬ間際に見る光景"が見えることがあるのだという…
それがわたしに見えたのだという。
そして、教えてくれた。そう遠くない未来の光景。わたしが見るはずの……
―――――
なんかそんな。おいおい話す機会、もしくは関連NMでもやる機会があれば…
(しかし基本的に、言っても信じてもらえないだろうなあ、とか家出っていうと何か言われそう、的な理由であまり喋らない)

そんなわけで、とりあえず旅人さんに教えてもらった話の中に出て来た、ゴブリン。それを倒せるようになるのが目標。
そして、前に立てるようになる。誰かを守れるようになる。

冒険者になろうと思ったのは、冒険譚を読んだり聞いたりしていて、冒険者ってすごいなあ、強いなあ、冒険者ならなんでもできそうだなあ、っていう妄想。

とりあえず親やまわりの人に言っても信じてもらえないだろうし、就職しないで町を出て冒険者になるだなんてむしろ頭が残念な人になったとか思われそうで言えない、言って止められて家から出してもらえなくなったら困る、とかいう理由からほぼ家出状態。書き置きはしてきたかもしれないし、してこなかったかもしれない。

いままでの貯金や金目のものはごっそり持って出てきたので、当面お金には困らない…?

---性格とか行動とか

わりと素直な優等生タイプ(人の言うことには従う)だった。
自己表現がやや苦手で、人前で歌うとかは恥ずかしくてできない。

慣れない人と話すのは緊張する。慣れないことをするのは緊張する。
けれど、好奇心が勝ることの方が多い。

たぶん、
引っ込み思案<<<好奇心
人見知り<<<仲良くなりたい

知らない人や目上の人、慣れてない人などには年下でも敬語。
友達同士ならくだける。

基本的に思ったことをそのまま口に出す。
ので、無神経だったり不躾だったり空気読んでなかったりする… んじゃないのかな。
若さゆえの無遠慮さ?

気になったら聞いてみる。…そんで、返答に困る。
(精霊湖畔でのジグさんとの会話とか)

どの仕事行きたいとか、どっちの道を行くかとかは、基本的に他人に任せる。任せたい。
組み分けとかも誰かと一緒がいいなー、とか思っても言わない。言えない。

トレステラへ来てちょっとはっちゃけてる部分もある。
最近、やりたいことはなんでもやっておこうかな、やってみようかな、と思い始めた。

---魔法

いまのところ「治癒:手を当てる」のみ取得。
傷口に掌をかざすと、柔らかな癒しの光が零れる…
白に淡緑、黄色や金色が混ざったような暖かな色の光なイメージ。
瞳の色に似てる感じかな?

掌から、っていうのはやりやすいからというだけで、きゅっと抱きしめて直接何かを送り込んだりもできそうなアレ。
ふわ、と全身発光しそうなイメージですが、それだと大治癒になりそうな…

何が光として零れてるのかっていうと、きっとアレです、『わたしは愛です』とか言っちゃうやつ。
きっとラブです。ラヴ。

---能力や技能

最近お料理の話題が多くて、微妙にお料理フラグが立ってきてるので技能を取ろうかどうしようか…
しかし技能を取る前に料理に挑戦して、散々なことになる方が先ですかね!(…)

調理技能を取る前に、少し考えていたNMを立てられれば…とか
なんとか

NM、昼なら13:30、夜なら21:00~が多いようですが
昼13時からとか、夜20時からとかにしても大丈夫でしょうかね…
参加できる人いるかなあ…。
どうしても短時間で終われる自信がなくて……orz

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) flow* all rights reserved.

くろック

カテゴリ展開メニュー

  • はじめに(1)
  • ミルラ(10)
  • ミルラ 手記(4)
  • ミッション(3)
  • イベント(3)
  • 駄日(6)
  • 未分類(1)
  • お題(1)

ブログでクエスト

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

羽乃

Author*羽乃

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。